彼岸の入りです

3連休の1日目、お日さまが暖かいですね^^
朝、会社へ向かう途中の公園で、春休み中の子どもたちが遊んでいるのを見かけました。
春休み、いいですよね…。

さて、今日は暦の上で「お彼岸」の入りだそうです🌸
お彼岸といえば、お墓参りや彼岸花などが思い浮かびますが、
私にとってお彼岸で想像するのはやはりぼたもちです笑
ちなみに、「ぼたもち」と「おはぎ」の違いをご存知ですか??
ちょっとした豆知識ですが、実はぼたもちとおはぎは呼び方が違うだけで、
まったく同じものなんだそうです!
諸説あるようですが、季節で名前が違うという説がちょっと面白かったので、
ここでご紹介いたします^^
春は、牡丹の季節なので「牡丹餅(ぼたもち)」。
牡丹の形に見立ててご先祖様にお供えをしていたためといわれています。
夏は、「夜船(よふね)」。
ぼたもちはおもちをつかずに作ることから、
そして、夏の夜は暗くて船がいつ着いたのかが分からないことから、
「つき知らず」=「着き知らず」という言葉遊びでこう呼ばれているのだとか^^
秋は、「御萩(おはぎ)」。
春と同様、秋には萩の形に見立てていたようです。
冬は、「北窓(きたまど)」。
こちらも夏と同様、言葉遊びで、
冬の夜、北側の窓から空を見ても月が見えないため、
「月知らず」から由来しているそうです^^
こうして考えてみると、四季折々の情景がある日本ならではの考え方で
ちょっと面白いですよね

 3月も後半、もうすぐ4月ですが、
岩手日産では引き続き「総力決算フェア」実施中です!!
3連休はぜひ、お近くの岩手日産のお店へおこしください^-^
※ぼたもちはもらえません※

Facebookコメント