新型キックスe-POWER デビュー!!

岩手県も梅雨入りし、ジメジメとすっきりしない天気が続きます。
平年では岩手県の梅雨明けは7月下旬頃であり、今年も同じ時期に梅雨が明けるとの予測です。
梅雨が明ければ暑い夏が始まりますが、ウィルス対策のためマスクを着用している方も多いかと思います。
熱中症等にも気をつけながら、万全の対策をしていきましょう!

 

6月24日、「新型キックス」が発表されました。

キックスe-POWER X ツートーンインテリアエディション ボディカラー:サンライトイエロー(#EAV)
6月24日(水)発表、6月30日(火)発売

人気のS-SUV(小型SUV)と、日産独自のパワートレイン「e-POWER」が融合した、待望の新型車です。

 

新型キックスは、全車「e-POWER」搭載です。

既にノートやセレナに搭載されているe-POWERは、モーター走行ならではの力強い走りと静粛性で話題となりました。
e-POWERは「モーターで走行し、エンジンで充電する」ので、充電いらずで電気自動車のような加速性やレスポンスの良さを楽しむことができます。
さらに、アクセルペダルのみで加速・減速ができる「e-POWER Drive」*1では、渋滞時やカーブの多い道でのブレーキペダルを踏む回数を減らすことができるので、運転が楽になりますよ。

*1 「e-POWER Drive」はSモード・ECOモードでの走行を指します。

 

高速道路での運転をサポートする「プロパイロット」も、全車標準装備です。

また、駐車の際に便利な「インテリジェント アラウンドビューモニター」*2が使用できます。

まるで上空から見下ろしているかのような映像で、狭い駐車スペースでもスムーズな駐車をサポートします。
混雑した施設も、街中の狭い駐車場でも楽に駐車できるので、今まで行ったことのない場所へもおでかけしたくなりますね。

*2 メーカーオプション。
ナビゲーション画面はハメコミ合成です。※日産オリジナルナビゲーションMM319D-Lはディーラーオプション。

新型キックスは、全車「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「踏み間違い衝突防止アシスト」が標準装備となり、「サポカーS ワイド」に該当します。

「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、前方の車両や歩行者と接近した際、ブザーと表示で注意を喚起します。
さらに、衝突の恐れがある場合には、ブレーキを作動し衝突を回避します*3

「踏み間違い衝突防止アシスト」は、駐車場で障害物がある場合にアクセルペダルを必要以上に踏み込んだ際、急加速を抑制し衝突を防止するシステムです。
壁やコンビニなどのガラス、歩行者(前進時のみ)を検知し、エンジン出力を抑制しブレーキを制御します。


もしもの時に頼れる機能で、余裕をもったドライブができますね。

SUVも、電気で走る時代へ。
各店舗にて、試乗車を用意しております。
ぜひ、岩手日産のお店へ新型キックスを見に来てください!

Webカタログはコチラ

 


安全装備についての注意事項●
・安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。
・システムの能力には限界があり、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
○プロパイロットに関する注意事項
・プロパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。
・ドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、自動運転システムではありません。安全運転を行う責任はドライバーにあります。
・わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するなどして、常に安全運転を心がけてください。
○インテリジェント アラウンドビューモニターに関する注意事項
・モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
・車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが倒れこみ、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
・移動物検知機能は、自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。全ての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。
・車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
○インテリジェント エマージェンシーブレーキに関する注意事項
・前方の車両や歩行者との衝突回避操作を支援、または衝突時の被害や傷害の軽減を目的としています。あらゆる状況で効果があるわけではありません。
・約10~80km/hの範囲で作動します。また、歩行者に対しては約60km/h以上では作動しません。
○踏み間違い衝突防止アシストに関する注意事項
・アクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えることにより引き起こされる暴走や衝突事故の軽減を目的とした補助機能です。
・車両の状態、走行状況、交通環境、天候、路面状況などにより作動しない場合や、本来の性能を発揮できないことがあります。

※安全装備に関する詳しい内容については、カーライフアドバイザーにお問い合わせください。

 

Facebookコメント